Sumie Kaneko | Koto | Shamisen | voice

Bio

 Sumie Kaneko 

Japanese koto and shamisen player 

Jazz singer songwriter 


Sumie (Sumi-é) Kaneko creates music that spans a millennium.  A master in the traditional repertoire of these ancient instruments, she has also pioneered their use in jazz and experimental music, through solo and group performances worldwide. She has collaborated with such artists as Pulitzer Winner Paula Vogel,  Gamelan Galak Tika’s Evan Zyporyn, RONIN's Nik Bärtsch, taiko artist Kenny Endo, Kaoru Watanabe, and gidayu-shamisen virtuoso Yumiko Tanaka.

 

Her career started in 1995 as a winner of the Takasaki International Competition in Koto performance. After graduating from Tokyo National University of the Arts, Sumie move to Boston in 2002 and studied Jazz vocal at Berklee College of Music. She has performed at such prestigious venues as Carnegie Hall, Lincoln Center, Blue Note NY, TED talk, Regattabar, Getty Center, Boston Ballet, Yo-Yo Ma’s Silk Road Project and the Museum of Fine Arts, Boston. In 2014, her group was invited to the Washington, DC Jazz Festival. Sumie also tours overseas as a cultural ambassador. She has been performed in South America with Japan Foundation, and every year since 2013 she is invited to Middle East and South Asia from Embassy of Japan. In 2018, she is expanding her career in Europe as well. Past international performances were held in Jamaica, Puerto Rico, Brazil, Peru, Bolivia, Nicaragua, Guatemala, India, Bangladesh, Pakistan, Sri Lanka and Japan.


As an educator she has worked with Harvard University, Columbia University, Massachusetts Institute of Technology, Princeton University, Wellesley College, among other institutions. In South Asia, Sumie also visits many of non-profit organizations for street children to encourage future education. 


Sumie has released two albums. Second album Dead of the Night (available on iTunes) has been well received as her unique and exquisite sounds. Her passion is always towards original and new compositions, and currently Sumie is composing suite for traditional instruments. Her third album will be released in 2019.






金子純恵(かねこすみえ)

山田流箏曲・三味線奏者、ジャズシンガー、ソングライター


千葉県柏市出身。5歳より、山田流箏曲を宮下伸に師事。

2000年、東京芸術大学音楽学部邦楽科 箏曲山田流専攻卒業。

在学中、山田流箏曲と三味線を井口法能に師事。アカンサス賞、常栄賞受賞。

2002年に渡米。ボストンバークリー音楽院パフォーマンス科ジャズボーカル専攻入学。

2006年、同校を首席で卒業。 


 バークリー卒業後、アメリカ東海岸にてさまざまな演奏活動を展開、名を広める。主な活動として、ピューリツアー賞受賞者 Paula Vogel 作「The Long  Christmas  Ride  Home」音楽提供、カーネギーホール、リンカーンセンター、ブルーノートNY、ボストンバレエ、ゲティセンター、ヨーヨーマのシルクロードプロジェクト参加、全米学術講演会TED各種公演の他、ハーバード大学、コロンビア大学、プリンストン大学、マサチューセッツ工科大学ともプロジェクトを持ち、学術的にも講演を行う。2014年には、在アメリカ日本大使館の協賛でワシントンDCジャズフェスティバル ヤングアーティストシリーズにて演奏。ジャズグループとしては初の日本大使公邸での演奏となった。また20154月には、世界最高峰のジャズクラブ、ブルーノートNY本店にてデビューを飾り、両セット満席にするという快挙をなしとげた。


 アメリカ国内の活動に加えて海外公演も多く、国際交流基金NYの南米派遣アーティストとしてブラジル、ペルー、ボリビア、ジャマイカ、グアテマラ、ニカラグアで日本文化普及活動を行う。また2013年より毎年に渡り、在インド、バングラデシュ、パキスタン、スリランカ日本大使館から招聘を受け遠征している。各都市の演奏に加え、現地大学やボランティア施設でも訪問演奏を行い、ストリートチルドレンのための教育に関わる。20188月から10月にかけてヨーロッパ、10月には中東・南アジアツアーが予定されている。

 特に異ジャンルとのコラボレーションも精力的に取り組んでおり、Gamelan Galak TikaEvan ZiporynRONINNik Bärtsch、和太鼓のケニー遠藤、元鼓童の渡辺薫、義太夫三味線の田中悠美子をはじめ画家、舞踏家、書家など様々な一流アーティストと共演している。また古典演奏だけでなく、オリジナルや即興演奏も得意とする。個人名義でのアルバム発表は二枚。中でも2016年に発売された「丑三ツ刻 Dead Of The Night」は、全編オリジナル曲で唯一無二の世界観を表現していると高い評価を得ている。 

Album releases:

J-Trad and More, September 2012  

Dead of the Night, June, 2016